大学院保健学教育部

課程の紹介 - 博士後期課程

教員紹介 - 教授 畑 裕之

研究テーマ
  • 血液腫瘍に対する抗腫瘍効果を示す化合物の探索
  • ALアミロイドーシスの新規診断法の確立
研究内容
  • 血液腫瘍に対して抗腫瘍効果を示す化合物を探索し、その抗腫瘍効果の機序、正常細胞への毒性などを検証する。化合物は主として生薬由来の化合物を用いている。血液腫瘍としては、多発性骨髄腫、成人T細胞性白血病を対象とし、細胞株、ヒト由来腫瘍細胞を用いて検証する。
  • ALアミロイドーシスの診断は生検が必須であるが、侵襲を伴う。患者由来の様々な非侵襲的材料(血液、尿、唾液など)を用いて、体液中の微量アミロイド線維の検出を試みる。