大学院保健学教育部

課程の紹介 - 博士後期課程

教員紹介 - 教授 冨口 静二

研究テーマ
  • 心筋血流SPECT検査における各種補正法の有効性に関する基礎的・臨床的研究
研究内容 心筋血流SPECT検査において画質劣化の原因には、減弱、散乱線、コリメータ開口径と距離に依存した空間分解能劣化、部分容積効果などがある。これらを補正することで心筋血流の定量評価が可能となる。本研究室では、ファントム実験により、独自に開発した減弱補正法や部分容積効果補正法の有用性を検討し、定量評価指標として心筋摂取率を算出している。臨床的検討で、薬剤負荷時の心筋摂取率は、視覚的に異常を認めない例において、冠動脈病変の診断に有効である。