医学部保健学科

保健学科長メッセージ

ご挨拶

熊本大学医学部保健学科・大学院保健学教育部を目指す方々、応援してくださる皆様へ:

k_yoshinaga.jpg本保健学科は看護学専攻・放射線技術科学専攻・検査技術科学専攻の3専攻からなり、2003年10月に設置されました。その源流は1898年(明治31年)、私立熊本医学校附属病院に開設された看護学講習科まで遡ります。この間、優れたメディカルスタッフ(看護師、診療放射線技師、臨床検査技師等)を数多く輩出してきました。学士課程に加え、2008年に修士課程(博士前期課程)、さらに2010年には博士後期課程が大学院保健学教育部として設置され、保健学・生命科学の視点からより充実した教育・研究の推進に努めています。
学部教育においては、附属病院を持つ総合大学である強みを活かし、高い実践能力を備えたメディカルスタッフを養成します。さらに、看護学・放射線技術科学・検査技術科学の3専攻を有する強みを活かし、各職種間の相互理解やチーム医療に関する理解を深める教育を推進します。
大学院教育においては、先端医療で必要な高度な専門知識と国際的視野を持ち、次世代のリーダーとなる高度医療専門職者・教育者・研究者を養成します。看護学分野では、専門看護師を養成するとともに、附属病院や地域と連携して超高齢化に対応できる看護ケアモデルの開発等を推進し、社会的課題の解決に向けて貢献します。医用放射線科学および検査技術科学分野では、学内外の医・薬・工学分野との連携による診断や検査、治療に関する共同研究を積極的に推進し、医療技術の向上に寄与します。
私たち教職員一同は、人間性豊かで知性に優れ、情熱と創造性を持った意欲ある皆さんの参画を心から期待しています。今後とも、熊本大学医学部保健学科・大学院保健学教育部を応援してくださいますよう、どうかよろしくお願い申し上げます。

吉永 一也
大学院保健学教育部長・医学部保健学科長