医学部保健学科

学科の概要

基本理念

熊本大学医学部保健学科は、看護学専攻、放射線技術科学専攻、検査技術科学専攻の三専攻から成り立っており、生命や人間の尊厳に基づく心豊な教養そして高度な専門知識・技能を備え、チーム医療のスタッフとして活動し、広く社会に貢献できる資質の高い医療者・研究者・教育者を育成します。


アドミッションポリシー

保健学(看護学、放射線技術科学、検査技術科学)の発展を担い、広く社会に貢献できる資質の高い医療者・研究者・教育者を育成するために、保健学科では次のような人を求めています。

  1. 1.看護職(看護師、保健師、助産師)並びに診療放射線技師、臨床検査技師という職業に魅力を感じ、それらの職業に携わる熱意のある人
  2. 2.人間に対する尊厳の念を持ち人間愛に満ちた協調性豊かな人で、多様な価値観を受け入れる寛容さを持ち、患者や家族の気持ちや考えを理解でき、倫理観とマナーを育んでいける人
  3. 3.高等学校までの履修科目の基礎事項を理解した上で、国語、外国語とともに2科目以上の理科(生物、化学、物理)において優れた学力を有する人
  4. 4.高等学校までに自らの目標に基づいて取り組んだ経験やクラブ活動あるいは生徒会活動、ボランティア活動等の経験を有し、様々な社会環境を受け入れることができる豊かな人間性を持った人
  5. 5.専門分野の知識や技術に興味・関心を持って学び、実験や臨地実習にも真摯な態度で自らの課題を設定して問題解決し、新しい分野にも積極的に取り組んでいくフロンティア精神を持った人
  6. 6.チーム医療の一員としてお互いの仕事を尊重しつつ協同的に働き、専門分野における役割・機能の責務を果たし、指導性を育んでいける人
  7. 7.科学的探求心と積極的学習意欲を備え、学部卒業後は専門職業人や教育者・研究者としての能力を高め、指導的立場に立って社会貢献しようという意欲のある人
  8. 8.専門分野において地域貢献するとともに、国際的な広い視野で物事を考え、活躍する意欲のある人



沿革

本学科は、前身の熊本大学医療技術短期大学部(専攻科助産学特別専攻を含む)と同大学教育学部特別教科(看護)教員養成課程が統合され、平成15年10月に発足しました。

学納金・奨学金について(熊本大学HPへ)